梅を干す季節です

梅干しを干す「土用干し」の季節

今年は長雨が続いたので、梅干しを漬けてる人は、いまかいまかと待ち遠しかったことと思います。

土用干しというのはもちろん目安でして、梅雨が明けてかんかん照りが続き始めたら干しましょうってだけなので、全国的に梅雨があけた、まさにいまですね。

梅を干すやり方は、実は地方で、家で、流派で(?)それぞれ違います。

・3日3晩ずっと干す

・1泊2日だけ干す

・昼だけ干して夜は室内。これで3日干す

などなど。

ほかに

・いまは干さずに9月ごろ干す

・ガラス瓶のまま干す(排気ガスなどが気になる場合)

正解はありません。

必要な道具は平らな竹ざるです。プラスチックで干す人もいますが、プラスチックはとても熱くなりすぎるので梅がやけどしてしまいますのでお勧めしません。竹ザルはあらじめタワシできれいに洗って乾かしておきましょう。
気になる方は、アルコールを吹き付けたり、焼酎をふきつけておいてもいいでしょう。

大きい竹ザルの置き場がないという方は、普段使いの竹ざるをいくつかそろえるといいと思います。2~3キロの少量なら3枚くらいあればいっぺんに干せます。またいっぺんに干さなくても数回に分けて干してもかまいません。

梅は菜箸やトングで取り出す人も多いですが、私はビニール手袋です。となりの梅をなるべくくっつかないように並べてください。赤紫蘇は絞って一緒に干す方が多いようです。干さなくてもかまいませんが、私は太陽にあてると栄養素が増すと思っているので、干すことにしてます。一部はゆかりにします。

梅は、途中触ってみて乾いていたらひっくり返します。ひっくりかえすタイミングもいろいろですが、最も日差しの強い時に表裏を乾かす方がよいと言われます。11時から14時くらいまでの間です。ただね、乾いてザルにくっつく場合があるでしょ。だから乾いたあとでなく、ちょっと濡れてるくらいでひっくり返す方がいいです。

梅干しの作り方をいろんな方に聞いてみると、それぞれのやり方があってとても興味深いですね。

空気があまりよくない日もあるので、大気汚染情報をみながらやりましょう。

キッチンパラダイスでは、普段使いにもできて、ちょっと大きめのザルがあります。

こちらです。