木のまな板の使い方

①使う前にさっと濡らす

いったん濡らして水分をしみこませておくと、その上から汚れがつきにくくなり、ついても落ちやすいのです。
濡らしたまな板の水分は拭きとっておきます。

②タワシで洗う

洗う時は、清潔なタワシで木の目に沿って洗います。流水で洗ってください。包丁の傷目には汚れが入り込むので傷目に沿って洗うのもポイントです。まな板の側面は見えない汚れがついていて、水分や汚れがたまると一番かびやすくなる箇所です。たまには側面も軽くこすってください。

③熱湯はかけず、水かぬるま湯で

魚や肉のタンパク質などが付着したまま熱湯をかけると、逆に汚れがまな板の表面で固まってしまいます。汚れがついたまま、熱湯はかけないようにしてください。(ぬるま湯までならOK)
木の素材はスポンジよりタワシのほうがきれいに洗えます。野菜を切ったくらいではあまり汚れませんのでスポンジでもいいでしょう。油汚れが気になる時はさっと表面を洗剤で洗っても構いませんが、流水で丁寧に洗い流してください。残った洗剤は黒ずみなどの原因になります。

④たまには塩をかけてこする

色素が付いたり臭いが気になる時は、塩とタワシで洗います。何度かこすると汚れが良く取れます。レモンに塩をつけてこすると効果的、酢水を吹きかけると殺菌にもなります。

(注;洗剤で洗うのか否かについては、天然素材だからNOというご意見と、洗ったほうがきれいになるというご意見に分かれるようですが、基本的には使わずに済むというのが私の考え。油でべとべとな時だけ、浸さずにさっと使って表面をきれいにし、その後は洗剤が残らぬようにタワシで洗っています。)
(注;漂白剤は反対派です。酸素系漂白剤ならたまに使う分は少し色が白く戻ることもありますが、木肌が少し荒れるな感じがします。回数は少な目がよいでしょう)

⑤布巾で水気を拭いて、日陰干し

干す時は、日陰の風通しが良いところで。直射日光だと木が反ることがありますので気をつけて。
タオルや布きんの上に立て掛けると、乾き具合によっては、下の小口がカビやすくなります。写真のように浮かしたほうがいいでしょう。木のザルや、割りばしなどは水分を吸うので、下に置いて乾かすと、小口が空気に触れますし、割り箸やザルなら接点の水分を吸い取り、カビにくいです。


木のまな板は2枚持っておくとよいです。またはプラスチックをお持ちの方は交互に使うとか。
乾ききってないまな板を濡れたまま何日も使うとかびてしまうことあります。
また、外が雨で乾かせないときは、空気がよどまない室内に立てかけておきます。人が動くリビングなどの場所のほうが乾きやすいでしょう。水分は上から下に流れるので、木の目に沿って縦に乾かしたほうが、乾きやすいです。室内でしか乾かせないときは、たまに上下をひっくり返したりすると効果的です。