じゃがいもの蒸し時間は何分

じゃがいもは蒸したらごちそう!ホント美味しいのです。特に木のせいろは最高です。。

家庭科の時間では「皮向いてカットして茹でる」と習いました。でも茹でたらビタミンCも逃げるし、水っぽくしあがってしまいます。ホクホクして、うま味が凝縮されたじゃがいもを目指すなら、せいろ蒸しで。

カットして蒸すより、時間がかかっても皮ごと蒸したらめちゃくちゃおいしくなります。そのまま食べる子供のおやつのさつまいもも、ポテトサラダのじゃがいもとしても最高です。

で、じゃがいもは何分蒸す?

蒸し時間は大きさや品種でも違います。小さいのは早いし大きいのは時間がかかるでしょう。おそらくメークインより男爵のほうが早く蒸しあがりそうな感じもします。

今回は丸のままのメークインで蒸し時間を実験してみました。

しっかり沸騰したお湯に木のせいろをのせます。せいろは濡らしてからのせてください。


こんかいのメークインの大きさはこのくらい。平均的な大きさ。

 

メークインでは蒸し時間20分でやや固めに蒸しあがりました。

あとから改めて焼いたりする場合はこのくらいの蒸し時間でいいと思います。
23分経過すると、竹串をさすと柔らかい感触。これでポテトサラダには23分で十分。

オクソのポテトマッシャーでつぶしてみます。

 


蒸したメークインは、ホクホク!
どうしても食べたかったオリーブオイルとトリュフソルトでいただきます。

全く水っぽくなくホクホクだし、蒸しくずれないし、旨味が明らかに凝縮されているし、何より甘い。

「じゃがいもの蒸し時間は何分?」の結果は23分

今回のじゃがいも(メークイン)の蒸し時間は23分でしたが、
あとから焼いたりして他の料理に使うなら、固めがいいので、15分くらいから竹串さして確認してください。

たくさん蒸して、残ったら皮付きのまま冷蔵庫に入れておくと便利です。