おひつで極上たわしプレゼント(9/30まで)

おひつで「棕櫚たわし極〆」プレゼント

ご飯が楽しみな時期になりました。

お米の炊き方だけでなく保存の仕方でもおいしさに大きく違いがでます。

今年の新米は「おひつ」に保存してみませんか?

熱々はもちろん、冷ご飯もおいしくなります。

使い方が心配な方も、台所道具BLOGで使い方をチェックしていただければ大丈夫。

9/30までの期間中、おひつをお買い上げいただいた方に、極上の「棕櫚たわし極〆」をプレゼントします

ご購入はこちらのカテゴリーからどうぞ

対象のおひつ

自在道具のおひつ(3合)19800円

木曽さわらの江戸びつ 2合 9900円

木曽さわらの江戸びつ 3合 12980円

木曽さわらの江戸びつ 4合 15400円

*受注生産の青竹おひつのご購入の場合もプレゼントいたします

棕櫚たわし極〆って?

棕櫚たわし極〆は、棕櫚の木の皮の繊維を贅沢に使い、高い技術を持つ和歌山工場の熟練職人が手作業でひとつひとつ手で制作しています。職人によって、素材の良い部分のみを選りすぐり、たわしの大きさや用途によって、適材適所に合った繊維を使用して仕上げているタワシです。

たわしの品質は、繊維の密度ばかりで決まるものではありません。たわしの大きさや用途、使用箇所によって、棕櫚の繊維の中でも、根・先端と太さかたさをこだわって使い分けてつくられています。

棕櫚の繊維について

強度としなやかな弾力性を併せ持った細い繊維は、細かい所にも入り込み汚れを掻き出します。
また、繊維自体の油分により水を寄せにくくするため、乾きやすい特徴を持っています。

棕櫚繊維は、古くから魚網、つるべ井戸の縄、竹垣を縛る縄、運搬・荷造り用・建築用の縄やロープとしと利用されていました。
茶室やお寺などに使用される棕櫚皮を裏床にあてがった畳は湿気に強く、20年たっても棕櫚皮部分の傷みはほとんどなく、畳床としては最高級と言われています。

◎よいおひつよいたわしで洗ってくださいね。汚れがよくとれ、おひつも長持ちします。