11/9 インスタライブ「おしえてサガラさん!Ⅱ」

インスタライブ「おしえて、サガラさんⅡ」~シュトーレンの秘密~

2020/11/9(月)18:00~18:30

人気のパン屋さん「シェ・サガラ」の相良一公さんを迎えて

パンに少しでも興味がある人なら知らない人はいない、福岡・田主丸町のパン屋さん「シェ・サガラ」。

その名店のオーナーシェフは、友人でもあり食の仲間であり、尊敬するプロフェッショナルである相良一公さんです。

前回の9月に大好評だったサガラさんとのインスタライブ。
今回は前回に引き続き、相良さんのおいしいパンへのこだわりと、定評のあるシェ・サガラのシュトーレンについてお聞きします。

シュトーレンといえば、ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子。生地にはお酒に漬け込んだドライフルーツやナッツが練りこんであり、表面にまぶしてあるお砂糖が特徴的です。

知らないことが多いシュトーレンについて詳しく掘り下げてみます。

日持ちがするお菓子ですが、いったいどれくらい置いて食べるのが一番美味しいんでしょう?
薄く切って食べるのはなぜでしょう?
薄くってどれくらいがベスト?
パンっぽいシュトーレンとお菓子っぽいシュトーレンものがありますが、もともとパティシエのサガラさんはどっち?
お店ごとにかなり味が違いますが、どのあたりの作り方で変わるんですか?
サガラさんがいままで食べた中で、一番好きなシュトーレンは?
はたして自分で作れるの?

みなさんもどしどし質問をおよせください。

シェ・サガラの相良さんとは?

久留米市田主丸は福岡の都心から車で1時間半ほどかかる田園が広がる田舎町。そんな田んぼの真ん中に立つ一軒家のパン屋さんはいつも多くのお客様で賑わっています。

2017年、相良一公シェフは、パンのオリンピックといわれる「クープ・デュ・モンド」代表選考に選ばれました。惜しくも世界大会には進めなかったものの、そのパンの美しさと完成度は専門家の間では「文句つけようがない」という声も高かったほど。最終選考に選ばれるのは情報に精通した大手パンメーカーの社員のみという中で、製造に追われる個人店のシェフが最終に選ばれることは大変珍しく、チャレンジさえ厳しい大会です。

相良さんは飛騨高山の名店「トランブルー」出身。もともとはパティシエを目指していたものの、大手ホテル入社して以降、本格的にパン作りを目指し始めたといいます。

どのパンもおいしいのですが、食パンは特に最高。いやクロワッサンもベストです。菓子職人出身なので甘いパンも得意で種類も豊富です。訪れる方は夕方でなく昼前に行かれることをお勧めします。

シェ・サガラ
福岡県久留米市田主丸町益生田873-12
0943-73-3680
火・水曜休み

 

キッチンパラダイスのインスタをフォロー

キッチンパラダイスのインスタ(kitchenparadise.jp)はこちらです。フォローしていただけたら、時間になればストーリーズをご覧ください。

このインスタライブはアーカイブでご覧いただけますが、ご質問がある方はライブでごらんください。

■インスタグラムがわからない方はこちらのHPをごらんになってはどうでしょうか。アプリにインストールから詳しく紹介されています。