竹ザルがかびるんです

お客様から「ザルがかびるんですよね。なにが悪いんですか?」とご相談。
そうなんですよねー。なんだかかびやすい場合がある。
かびない人は全然かびないのに。

なぜかびやすいのかを考えます

湿気がこもるとこに収納してない?

北側の台所でさらにシンク下など、湿気のある場所はザル置き場にはふさわしくありません。湿気がある台所なら引き出しにはいれないほうがいいでしょう。

低いところより高いところ

低いところは湿気がこもりやすいので、高いところのほうがいいです。空気がよどまないところに置いてください。

10階より1階は少し気を付けて

どうやら、マンションの上のほうにお住まいの方が比較的かびにくいようです。日本家屋や1~2階にお住いの方は、風通しのよいところを選んで保管してください

汚れはタワシで落としてる?

汚れが残っているとカビができやすくなります。木の汚れはタワシでないととれないことも多いので、タワシをもっておくといいでしょう。タワシは先端がへなってなっていると汚れがとれません。タワシも選んで買いましょう。

浸け置き洗いしてない?

浸け置き洗いで水分がザルの深く中まで浸透してしまうと乾きにくくなります。水には浸けずに手早く水かぬるま湯で流し洗いします。

水分を拭き取ってる?

水分を拭き取らないで乾かすというのは、洗濯物を脱水せずに乾かすようなものです。なかなか乾かずカビの原因になります。

浮かして乾かすよいです

できれば下を浮かすと風が通るので、端が黒くなりにくいんですよ

直射日光より風通し良いところで

直射日光に長く干すと割れたりすることがとても多いのです。日陰でも風通しの良いところなら意外とすぐ乾きます。しっかり乾かしてから収納です。

乾かすときに途中で上下をひっくり返しては?

水分は下に下に集まるので、乾かすときに下部だけが黒くかびっぽくなります。1時間乾かしたら、思い出した時だけでも上下を逆にする!しかも濡れたところをちょっと拭く!そうするとカビのリスクから逃れることができます。

どうしても危ない時はドライヤー

今日はじめじめしてカビそうだという場合は、軽くドライヤーで乾きを促進してはどうでしょう。
同じところに熱をあてすぎると割れますので気をつけながら。乾きやすくなります。

ザルの使い方まとめ

ひとまず、タワシで洗い、水分は拭いて風通しのよいとこで乾かし、高いところに保存!それでほとんど解決します。