おひつにいれたご飯ってどれくらいもつ?の実験

おひつに入れたご飯がおいしくなるのはご存じですね。

まず粗熱を取るのでおいしくなり、つぎに冷めていく段階でも水分調節して美味しくなり、すっかり冷めてしめても美味しいのがおひつです。

おひつのごはんってどれくらいもつのか

気になるのが「おひつのご飯ってどれくらい保存できるんですか?」ってこと。

お店でもよく聞かれます。

簡単にお答えすると、季節や状態によって違います。

母世代の方に聞こうもんなら「そんなのご飯のにおい嗅いでごらんよ」とか言われるのがおちですが、そんな腐ったご飯なんて嗅いだ事ないからわかりにくいですよね。

おいしく食べられる期間

最高気温20度くらいの室内。エアコンなしの条件で
試してみました。湿度も関係あるんでしょうが、平均して60%くらい。

炊き立てをおひつにいれて、2、3分落ち着かせたて食べたらもう最高の美味しさです。粗熱をとったあとで蓋をしておきます。

6時間後、朝ごはんをの昼に食べるのは?

6時間たったご飯。美味しいです。
わざわざ冷めたご飯を食べたくなるほどの美味しさです。電子レンジでチンする必要ないと思います。
昼に炊いたものを夜食べるのもよさそうです。

17時間後、夜ごはんを翌日の昼までは?

17時間経ったおひつご飯を食べました。
夜作ったものを次に日の昼にです。

17時間後のご飯もおいしいです。まったく普通のもっちりした冷ごはん。水分も悪くありません。

(ちなみに翌朝食べる方は多いでしょうが、それは問題なくおいしく食べられました。)

24時間後のごはんは?

24時間後も問題なく食べられます。美味しい冷やご飯。でも17時間とはちょっと違う気もします。
食べられるけど、味はちょっと落ちてきた感じ。

36時間後というのはどう?

続いて36時間後。朝食べてみました。

うーん。ご飯のうまみがグーンと落ちてます。そのまま食べたら全く美味しくないレベル。

夜ご飯を、翌日の夜まで食べても美味しいのに、翌々朝ままったくおいしくない。ぱさっとしてるというより、ねまりはじめる入口みたいな感じです。悪くはなってません。食べれはしますが美味しくないって感じ。チャーハンにでもなさってください。

料理研究家桧山タミ先生にお聞きすると、「春なら2日間は食べれるでしょう」とおっしゃるし、

70代の料理上手な先輩にお聞きすると、「昔は3日くらい食べよったよ。」とは言われますが、

たぶんそれは、いまより涼しかったり風通しが良い家屋でってこと。モノがない時代だったしね。もったいないのでね。

結果、おひつのごはんは何日もつのか?

で、私の結果は、

20℃くらいまでの気温なら、できるだけ24時間以内に食べましょう!